ミノキシジル」タグアーカイブ

フィンペシアを飲む前に!

目次
フィンペシアとは?
フィンペシアの効果
フィンペシアの正しい飲み方
フェンペシアの副作用
精液減少
性欲減退

薄毛やハゲの男性が多く、薬やケア用品もたくさんあります。

医療機関でAGA治療を行っている方も増えており、プロペシアやミノキシジル、フィンペシアなどのAGA治療薬がありますが、その効果や副作用を十分に理解していない方も多いのではないでしょうか。

ここでは、フィンペシアを服用する前に知っておきたい効能・副作用・禁忌などについて詳しくご紹介します。

フィンペシアとは?

フィンペシアは、インドのシプラ社が製造・販売しているAGA治療薬で、プロペシアと同様にフィナステリドを主成分としています。シプラ社は、抗生物質や抗がん剤など、他のいくつかの医薬品も製造および開発しており、インドで最大手のジェネリック医薬品会社です。

フィンペシアの効果

フィンペシアに含まれるフィナステリドには、5α-レダクターゼ II 型阻害作用があります。5αリダクターゼII型は、男性ホルモンのテストステロンに結合し、ジヒドロテストステロンへと変化させます。

ジヒドロテストステロンは、髪の生成に深く関わる毛乳頭細胞の受容体に取り込まれると、脱毛シグナルを発信し、毛髪の成長が阻害されます。 したがって、フィンペシアで5αリダクターゼII型を阻害してジヒドロテストステロンを産生を防ぐと、AGAが改善に繋がります。

フィンペシアを服用することで、AGAの発症を抑えるとともに、AGAによる薄毛を改善することができます。

フィンペシアの正しい飲み方

フィンペシアは、1日1錠を継続的に飲むことで、AGAを改善効果を得られます。 1日1錠までですので、飲み忘れた分を追加で服用しないでください。 フィンペシアの過剰摂取は、副作用のリスクを高める可能性があります。

飲み忘れのないよう、毎日同じ時間に飲むようにするといいでしょう。

フェンペシアの副作用

精液減少

精液量が減少する可能性があります。これは、ジヒドロテストステロンが生殖機能に関与する男性ホルモンであるためです。

性欲減退

性欲が減退すると、パートナーとのセックスに消極的になることに繋がるため、妊活に妨げる可能性があります。

フィンペシアの副作用はプロペシアと似ています。 上記の副作用があるため、妊娠中の治療には適していません。妊娠が終わるまでミノキシジルを使用するなど、治療方針について医師と話し合ってください。

ミノキシジル内服薬と外用薬について

目次
ミノキシジルを含む内服薬
ミノキシジル配合内服薬の使い方
ミノキシジルを含む外用薬
外用ミノキシジルの使い方
ミノキシジルを含む外用薬

ミノキシジルには内服薬と頭皮に直接塗布する外用薬があり、内服薬と外用薬では発毛効果が若干異なります。

ミノキシジルを含む内服薬

内服薬は、血中より毛球にある毛乳頭に通して効果を発揮します。また、内服薬は体内の血液を介して薬効を発揮するため、外用薬よりも高い育毛効果が期待できると考えられています。

薄毛改善効果が期待できる経口薬ですが、国内において臨床試験が実施されていないことから、薄毛治療薬としては推奨されていません。 しかし、適切な知識と経験を持つ医師によって処方されれば、安全で有用な治療法です。

ミノキシジル配合内服薬の使い方

医師から処方された用法・用量に従い、毎日決まった時間に服用します。1日のうち、薬を服用する時間は決まっていませんので、毎日忘れずに薬を服用できる時間を設定することをお勧めします。

ミノキシジルを含む外用薬

頭皮に塗布する外用薬は、有効成分が肌に浸透(直接浸透)して毛根に到達することで効果を発揮します。 また、外用薬は日本皮膚科学会が定める「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017版」でも強く推奨されている治療法です。

外用薬は市販薬もありますが、濃度は5%までに制限されています。 市販の外用薬で効果を感じられない場合は、専門のクリニックで医師にご相談されることをおすすめします。

外用ミノキシジルの使い方

1日2回、できれば朝と夜に一度ずつ、抜け毛の気になる部分に直接塗布するのが理想的です。使用量は定められた用法・用量を厳守してください。 塗りすぎても効果が増すことはなく、正しい用法・用量を守ることでで効果を実感していただけます。 医師の指示された使用方法は厳守するようにしましょう。

AGAヘアクリニックでは、内服薬・外用薬ともにミノキシジル配合のオリジナル治療薬を処方しています。患者様一人ひとりの症状に合わせた適切な治療法をご提案いたしますのでご安心ください。 ミノキシジル 効果的な濃度で使用していくことが、薄毛を改善への最短の道であると考えています。