うつ病や花粉症の薬で勃起不全!?

簡単に言えば、ED治療薬以外の副作用が性欲減退や勃起不全につながる症状です。

代表的な症状を2つ紹介したいと思います。

抗うつ薬によるED症状

男性のうつ病が近年広く話題になった病気です。 2012年に厚生労働省は95万人以上がうつ病に罹患している可能性があると発表しました。

多くの人がうつ病に苦しんでいますが、うつ病の治療に使用される薬はED症状を引き起こす可能性があります.

EDの症状に詳しくない医師の場合、「うつ状態が改善すれば勃起も自然に治る」などのアドバイスを言われる場合が多くあります。実際にそうなる方もいると思いますが、うつ病だからといって自慰や性行為ができないというのは悲しい話です。

抗うつ薬とED治療薬の併用は基本的に問題ありません。 男性にとって勃起は非常に大切なことです。生活の質を向上させるためにも、ED 治療薬の服用を検討いただければと思います。

花粉症の薬でEDになる可能性を語る医師も

まず知っておいてほしいのは、花粉症の薬には性機能障害(勃起不全)の副作用がないということです。

しかし、ED治療を扱う医師はの中に、一部の花粉症薬に含まれる抗ヒスタミン剤により、ED症状を引き起こす可能性があると主張する方がいます。

これはその医師の経験によるものであり、科学的根拠はないと思います。

そもそも、花粉症の薬を服用すると、個人差はありますが、眠気や頭痛が起こることがあります。 これが起こると、どうしても勃起に必要な性的興奮がブロックされ、うまく勃起ができなくなる可能性も考えられます。

医者がそう言ったからといって花粉症の薬をやめることはできません。 眠気や頭痛などの副作用への対応が必要だと思います。

うつ病、花粉症、高額医療費にジェネリックバイアグラ!

抗うつ薬や花粉症の薬は、ED治療薬と併用することができます。 ただし、その分はどうしてもお費用がかかってしまいます。

賢く改善する方法には、ジェネリックバイアグラをご活用いただくです。

ED治療ナビが調査した結果には、先発バイアグラバイアグラ25mg錠1,000円~1,500円に対して、ジェネリックバイアグラ25mg錠500円~625円とかなり安価であることがわかります。

せっかく発売されたジェネリックバイアグラですから、それを活用してED治療をしていただければと思います。

コメントを残す